バイアグラ体験談

バイアグラ:レビトラ:シアリスはこちらで詳細をご覧ください

バイアグラの歴史

 


バイアグラViagraは、1990年代に狭心症の薬として開発され、臨床試験をしたのだが結果は思わしくなく被験者から残った薬の回収をしたところ、返すのを渋る人が多く出て、理由を尋ねたところ勃起を促進する作用がある事がわかった。

 

バイアグラは1999年に日本で発売許可がおり、アメリカファイザー社の25mgと50mgが日本では売られている100mgもあるが日本では副作用が強く出る可能性が高いと考え認可されていない。

 

発売当初は、心臓発作が起きるなどのデマが飛んだが、今では十分な実績があり安全性も確認され処方実績NO1である。

 

バイアグラは2014年には特許が切れ、春〜夏の時期に日本の厚労省お墨付きの正規品バイアグラのジェネリック医薬品が登場すると思われます。

 

 

バイアグラの体験談

 

バイアグラは一番初めに出されたED(勃起不全・勃起障害)の薬で、この薬の名前は誰でも知っていますので、とりあえずバイアグラから試す人が多いのではないでしょうか。

 

私も最初にこの薬を試しました。バイアグラは25mgと50mgがあり、今日本で処方されているED治療薬が全部で3種類あります。

 

シリアスとレビトラが他の2種類になるのですが、効果はシリアス20mg=レビトラ20mg=バイアグラ100mgに大体相当します。

 

ですのでバイアグラの場合日本で認可されている最大の50mgは他のED治療薬の日本で許可されている最大量の半分の効き目ということになります。

 

シリアス10mgやレビトラ10mgと大体同じぐらいの効き目ということです。

 

そんな理由からバイアグラの50mgを使用してみました。 人によっては顔の火照りや鼻づまりなどの副作用が出る様ですが、私の場合には何も副作用は出ませんでした。おそらく副作用のでる方はほんの一部の方だけだと思います。

 

ED治療薬を使用する方はいざとなると勃起しない、勃起しても中折れしてしまうなどおそらくだいたい同じような状況の人だとおもいます。

 

そんな方はいざ挿入という状況になると、心の中で今日は大丈夫かななんて心配してしまうものです。

 

私もいつものようにそんな事を心に浮かべながら、彼女とホテルに入りました。

 

バイアグラの基本の服用方法は空腹時に性行為の一時間前に飲むのが最も効果を得られます。

 

ですので、ホテルに入る前に服用していました。ホテルに入っても全く勃起しそうな気配がないのでこれはダメかなと思っていたのですが彼女がキスしてくるとまるで魔法の様に勃起が始まりました。

 

自分で確認のために触れてみると、何か違う自分がそこにあるような錯覚を覚えしっかり勃起しているのが不思議でした。

 

挿入中も中折れする感じは全くなく気持ちよく一回戦は終わりました。

 

30分程して、彼女の胸をもんでいると、また勃起が始まりました。驚きです。

 

これなら2回戦もできそうだとすぐにはじめました。もちろん2回戦も勃起に関しては全く問題はありませんでした。

 

ただ、なかなか射精に行くことができません。勃起してはいますが、感覚が鈍くなっているのを感じました。

 

体力的に大変でしたが、彼女はすっかり満足しているようでしたので射精はせずに2回戦は終わりました。

 

バイアグラなどを利用すると普段より性的感覚が鈍くなるので、早漏の方などは便利かもしれません。

 

この後もしっかり勃起はするのですが、射精まで行くのは無理でしたので、2回戦でやめておきました。

 

また、後日の話ですがED治療薬を使用するとおしっこの出がよくなります。 普段は腹筋に力を入れてもゆっくりしか出てこなかったおしっこがまるで若いときの様に一騎に出てくれます。 おそらく前立腺肥大のある人には何かの効果が出ているものだと思います。

 

※ED治療も大切ですが、万が一の性病の検査も匿名でしておきましょう。

 

男性用性病検査キット

 

バイアグラの特徴

 

バイアグラは、25mgと50mgが日本では認可されていてED治療薬のなかで1番歴史があり、十分な安全性も確認されていますので安心して服用できる薬です。

 

バイアグラは空腹時に服用しませんと効き目が極端に落ちます。また性行為の1時間前に服用するのが望ましいとされています。人により効果の出る時間が早い方もいるでしょうが、1時間前がいいと思います。

 

その後3〜4時間効果が継続します。

 

主な副作用として、

 

顔の火照りが2.54%、視覚障害(目の充血や光に敏感になる)が0.58%、頭痛が0.46%で動悸が0.46%となっています。

 

ED治療薬全体に言える事なのですが、1日(24時間)に1回の服用を守ってください。

 

バイアグラの血中濃度グラフ

 

バイアグラ血中濃度

 

下記にあてはまる方はバイアグラを飲んではいけません。

 

■バイアグラの禁忌事項

 

バイアグラの個人輸入

 

バイアグラを医者で処方してもらうと、
25mg 1錠 1,300円(税込)
50mg 1錠 1,500円(税込)
プラス初診料など
となります。※初診料の部分は取る医者もあれば取らない医者もあるようです。

 

ED治療薬は日本では、一切保険が効きませんので全て実費になります。

 

ですので、効き目がわかって継続を考えたときにはかなりの高額な負担になります。

 

そこである程度経験を積んで来たら「個人輸入」や「ジェネリック」を考えてみてください。

 

★個人輸入

 

医薬品は自分自身の使用目的のために決められた量以内でしたら個人で輸入することが許可されています。ED治療薬の場合具体的には用法用量からみて1ヶ月分以内の量であれば輸入が許可されています。直接買う事になりますので、医者から買うより当然安く済みます。

 

■医薬品等の個人輸入について

 

ですが海外から個人で輸入するとなるとそれなりの知識が必要となりできませんので、その代行をしてくれる会社が多く存在し、そのような会社を個人輸入代行と呼んでいます。

 

★ジェネリック

 

まだED治療薬には特許が切れた商品はありませんので、通常ですとジェネリックはあり得ないのですが、現実は存在いたします。

 

それにはインドの特許に対する考え方が他の国と違う事が原因になっていますので下記をお読みください。

 

■インドの特許に関する特殊事情

 

バイアグラのジェネリックですと、1錠数百円で買えるようになります。

 

ですが、上記で述べた個人輸入代行やバイアグラのジェネリックには偽物が多く出回っていて個人ではどれが本物かわからない状況です。

 

間違えて偽物を買ってしまうと、その薬の製造場所の衛生状態やその薬に何が入っているのか全く分からないものを服用することになり場合によっては命の危険もあります。

 

そこで当サイトでは、安心して購入することができるショップをご紹介いたします。

 

バイアグラ:レビトラ:シアリスはこちらで詳細をご覧ください